名古屋市緑区の整体院 「回復整体 あいたい夢」 の       からだ回復日記  

名古屋市緑区の整体院のお役立ち情報ブログです! 実際に回復整体を体験された方の感想など。 院長のつぶやきとともにお送りします。
名古屋市緑区の整体院といえば、「回復整体 あいたい夢(む)」 予約制 0120−011−580 もしくは 052−622−6858
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 食事について | main | 絨毯あったか〜 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |

砂糖について

食事編、まずは「砂糖」について

 

整体をしていて「砂糖」の影響を一番感じるのは・・・



砂糖の取りすぎは、自律神経が正常に働くことを、

思いっきり阻害してしまう、ということです。




これは、いろいろな本に書かれているとおりですが、

まさにそのとおりだと感じます。


本来持っている自己治癒力が低下する、神経伝達が

鈍くなる、といった感じです。



自律神経失調が関連していそうな方へは、甘い物は控えるように、

場合によっては完全に砂糖カット!を院でもお伝えしています。

 


チョコレート、お菓子をきっぱりやめただけで、夕方に微熱が

出ていたのが消えた、だるさが消えた、PMSが楽になった

など。


お菓子、間食のみならず、食事まで徹底して砂糖をなくすよう

取り組んでいたら、ヒザ周りなどハレのような、むくっとした

感じがなくなって、ずっと取れなかった痛みがなくなってきた

などなど。


こちらがびっくりするほど、砂糖は体に影響していたのだと

よく思わされます。





甘い物を食べると、疲れが取れるから・・・


というお声も多いし、実際、おやつのひとときは貴重な

リラックス習慣になっているのかもしれませんが。


 

食べたときには血糖値がグッとあがって元気回復!と

なりますが、結局その後、余計に体は疲れてしまいます。


 

どうしても甘い物がやめられない、という方には

白砂糖たっぷりの洋菓子よりも、まだ和菓子が良いとか

黒砂糖のようなものに変えることを提案したりもします。


 

しかしやはり、これまでの悪い蓄積がたまりにたまった人や、

進行している不調をこれからはグッと改善に向かわせる!と

いう人にとっては、毒になるものはきっぱりとカットする

ことのほうが大切です。

 

溜まったものが限界値を超えて病気を発症!なんてことに

なれば、
当たり前ですがよりいっそう大変なのですから。

 

  

 

私もチョコレートなど好きですが、調子に乗って連日食べたり

すると、肌の調子の悪さ、鼻炎気味な感じが出やすくなり・・

きっぱり甘い物をしばらく我慢していると、そうした不調が

なくなって体が軽くなってきます。

 


小さなお子様にも、あまり早くに甘いおやつをあげるのは

控えたいですね。


将来の味覚、虫歯になりやすい体質になるかどうかまで

決まるようです。



 

花粉症、アレルギー、体がだるい、重い、うつ、その他

あらゆる病気・・・

 

真っ白な砂糖が、人類に与えた悪影響は大きい!とまで

言い切れるかもです。

 


 

来年の春、甘いコーヒーに、ケーキを食べながら

「今年も花粉が酷くて・・・」


なんていう方が、また日本に溢れかえっているのでしょう…


 

いやいや、そんなアレルギーのせいにしないで、自分の体の

調整機能力を正常にしましょうよ、自分の体がしっかり働けば、

花粉になんか負けないよ、と、厳しく?言えば
そういうことです。

 

(整体的には、首、腹などを調整、整えることでアレルギーに

負けない体つくりを行います。)

| あいたい夢 院長 | 食事 | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| スポンサードリンク | - | - | - |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://aitaimu.jugem.jp/trackback/438
この記事に対するトラックバック
RECENT COMMENTS
LINKS
MOBILE
qrcode
OTHERS
SPONSORED LINKS