名古屋市緑区の整体院 「回復整体 あいたい夢」 の       からだ回復日記  

名古屋市緑区の整体院のお役立ち情報ブログです! 実際に回復整体を体験された方の感想など。 院長のつぶやきとともにお送りします。
名古屋市緑区の整体院といえば、「回復整体 あいたい夢(む)」 予約制 0120−011−580 もしくは 052−622−6858
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |

日本の人口統計から

『国土の長期展望に向けた検討の方向性について』
(平成22年12月17日)

という、国土交通省国土計画局が作成した資料を見ました。


この資料によると、

「我が国の人口は長期的には急減する局面に」とあります。


明治維新、1868年の日本の人口は3330万人。

終戦時(1945年)7199万人。

2004年12月に人口ピーク。12784万人。
このとき、高齢化率は19.6%。

2030年の予測は11522万人。高齢化率31.8%

2050年の予測は9515万人。高齢化率39.6%

2100年の予測は
高位推計6407万人。
中位推計4771万人。高齢化率40.6%。
低位推計3770万人。

※日本の総人口は、2004年をピークに、今後100年間で
100年前(明治時代後半)の水準に戻っていく。
この変化は千年単位でみても類を見ない、極めて急激な変化。

娘がおばあちゃんになるころには、明治時代と同じに
なるかもしれない?
想像しづらいですが。
移民も増えているのかな。


2004年→2050年の間に、
生産年齢(15才〜64才)は約3500万人減少。
65才以上は約1200万人増加。

2050年・・・
私の場合は74才。
そのときに、日本の40%は65才以上。

これはもう、年寄王国ですね。


74才・・

おそらく、私自身は、足腰もしっかり、
年下の人たちよりもシャキシャキと動いて
整体施術をやっている・・・ そんな気がします。

ほとんど、仙人みたいになっているかな・・


どんな生活をすれば、どんな物を食べて、
どんな仕事で、どんな姿勢で日々を過ごせば、
これくらいの年齢の人がどれくらい元気か、体が固まっているか、
それに比例して病歴がどんなか、外で活動できているか、
歪み、姿勢、歩き方はどんな感じか、など、
いろんな人の体を触っていると何となくイメージがつきます。

「ああ、この人、このままいくと10年後にはあの人みたいな
体型、動きになるかな・・」
とか、いろんな人の事例を組み合わせて回復までのイメージ、
将来予測までイメージしながら施術することもあります。

若いうちは多少体に悪いことしてもみんな差は目立たない
(若いうちからすでに年寄のような体の人も結構いますが。
えてして、そういう人の生活習慣を聞くとめちゃくちゃです。
半分、親が悪い気もする。しかし、おそらく、その場合親の
生活習慣も悪い。)

ですが、年を取るにつれて、「健康貯金」なるものの差が出てきます。

特に女性は妊娠、出産、子育て時をどう乗り切るかで変化が大きい。

「今を楽しく生きればいい」という価値観もあるでしょうが、

「今が楽しい。さらに将来はもっと楽しい!」ほうがいいに決まっています。


良い姿勢、食事など、体のケアを習慣とすること。

日々自分で骨盤を整えたり、ちゃんとした骨盤矯正、チェックを
受ける人生と、骨盤の存在なんか無視した人生とでは、
年々、差が出てくるのは当然です。
残念ながらそうしたことは、普通にリハビリに通っても、
人間ドッグを受けてもわからない。
多くのお医者さんや看護師さんも知らない。
(病院に行くことは大事なので、ちゃんと行ってくださいね。)

テレビや病院だけの知識ではない、大企業や特定の団体などに
だけに都合の良い情報だけで生きていくのではなく、良質な情報を
選び、自分で試して納得できるものを探す。

自分の体を、自分を喜ばせられるのは、自分しかいません。

愛する人のためにも、自分で自分をしっかり面倒みながら、
将来に渡って信頼できる人たちとのつながりを大切にする。

そんなふうに、みんなでハッピーにいきたいなあ。

年寄になればなるほど、どんどん世界中に楽しいことが増えている。

そんなのがいいなあ。

| あいたい夢 院長 | コラム | comments(0) | trackbacks(0) |

夏です

6月の終わりから、名古屋はガッツリ猛暑へと
突入したようです。


とにかく暑い・・・


休みの日でも、暑くて家に長くいることも
できない。


外食が増えたり、ショッピングセンターに行く
機会も増えています。




毎年のことですが、暑くなってくると
急性の腰痛などの方も増えてきます。


しっかりした睡眠がとれていない、
シャワーを浴びるだけで入浴していない、
これだけでも、体の疲労度合いは大きく
変わります。

冷たいもの食べたり、外や家での気温差が
大きかったりで、自律神経の調整機能も
落ちているのでしょう。

きちんとした食事、睡眠といった、
基本的なことがくずれないよう、
いつも以上にしっかりできるような
注意が必要だと思います。



また、不妊でお悩みの方は、
当院での一つの目標として
基礎体温がきれいになる
高温期、低温期がきれいな二層になる、
ことを目指すのですが。

低温期の基礎体温の下がりが悪いとき、
これだけの猛暑ですので
単純に寝るときにアイスノンを使ったり、
冷えすぎは良くないですが、暑さを我慢しすぎずに
上手にクーラーを使う、手足の先は布団から出す、
といった工夫などもお勧めです。



骨盤ケア、体幹チューニングなどを
リラックスした環境でゆっくり行うことも
とても良い健康習慣です。
気分転換にもなるし、姿勢も良くなって
暑さにも負けない自分ができあがり!




夏を! 楽しめるカラダ、キモチでいきましょう!






頭痛・めまい・不眠・耳鳴り・首痛・頚椎ヘルニア・寝違え・肩こり
四十肩五十肩・腱鞘炎・背中の痛み・腰痛・ぎっくり腰・腰椎ヘルニア
坐骨神経痛・尾骨付近の痛み・生理痛・生理不順・便秘・不妊
股関節痛・膝痛・手足のシビレ・歩行困難・正座ができない
パーキンソン病、脳梗塞の後遺症などの運動機能回復
うつ病・自律神経失調症・更年期障害・疲れやすい・
産前産後の骨盤ケア・つわりが酷い・骨盤が広い気がする・
猫背・O脚・体の歪み・・・

などでお悩みの方、

回復整体あいたい夢

に一度ご相談ください。

回復への指標が、きっと見つかります。



| あいたい夢 院長 | コラム | comments(0) | trackbacks(0) |

歪みの原因は?

痛み、歪みの原因は、人によっていろんな
ものがあるのですが。

案外、シンプルな生活のなかでの
その方の癖、習慣が原因の一つ
だったりします。


足を組むとか
横座り、内座り(ペタン座り?)
をして骨盤などを歪めるのは
わかりやすい原因ですが。


体操座りも良くないです。
頸椎ヘルニアで夜横になって寝られないから
体操座りで寝ていたという方は、
腰痛を併発して大変でした。

体操座りでパソコン、食事を
続けていた女性も、背骨のカーブ、
生理湾曲が大きく崩れていて
矯正に時間がかかりました。


片方ばかりの横向き寝も
あまりよくないです。

朝日がまぶしいからいつも
右横で寝ている。
ご主人に背を向けるから
いつも左横向きで寝ている。


また、

コルセットをいつもつけっぱなし。

片足を曲げて寝ている。

猫背で首を前につきだしてパソコン。

抱っこがいつも左腕ばかり。

正座からの立ち上がりがいつも同じ足。

などなど。
すべて当院で注意して頂いて回復に
向かった事例です。

一人ひとり違う原因があるので、
こうした事例はものすごく
たくさんあります。


細かくつっこむとだれでも癖はあるのですが、
こうした細かいところが、時間をかけて
その人のカラダの癖をつくって、
いろんな要素も加わって
いつか痛みに変わることがあります。


人間ドッグに行っても、体の張りとか
歪みとかは検査、修正してもらえません。

自分で気を付けて
良い姿勢で、エネルギー満タンで
生活していきましょう!







| あいたい夢 院長 | コラム | comments(0) | trackbacks(0) |

チャオ取材

緑区、天白区、大府市、豊明市、東海市などなどを中心に
発行されている情報誌、チャオの取材を先月受けました。


チャオ取材


バシバシと写真を撮られながら施術するのも
変な感じでした。。


紙面だけでは、お伝えしたい内容のごくごく
一部ではありますが・・

痛み、不調に悩む方に、

『病院での治療だけではわからない、
 姿勢、骨格、体の使い方の癖からくる原因を
 見つけて、理解して、修正、再発予防、元気さアップ!

 元気に子供を産んで育てて、
 さらに年を取ってもきれいな姿勢で
 スッと歩いて究極のアンチエイジング、
 100歳まで自立、自律』

を現実のものとしてもらいたいと思っています。



自分の体に、真剣に向き合って、

本気で良くしたい、

自分の体を良く知って、

痛みをなくし、管理できるようになって、

自分の、家族の、より良い将来を
手にするんだ!

という、本気の方へ、


おひとりずつしっかりと、どうすれば
良くなるのか、手と頭をフル回転させて
私も全力で、持っているものを提供します。
| あいたい夢 院長 | コラム | comments(0) | trackbacks(0) |

勢いを!

「良い姿勢が、健康をもたらす。」

うちの院の理念の一つです。

良い姿勢、本当の自分の立ち方が
わからない・・・
という方を、どんどん骨盤矯正、
猫背矯正で、さわやかに
変身してもらっています。



本を読んでいたら、その姿勢について
気付かされることが書いてありました。



「姿勢」

とは

「姿」 すがた   の   「勢」 いきおい

である。



確かに、そうですね。



勢い!

エネルギー!



あいたい夢は、どんどん、
エネルギーを生みだす場です。



姿勢がいいと、エネルギーもアップ!


さわやかです。







| あいたい夢 院長 | コラム | comments(0) | trackbacks(0) |

頑張ってる

嫁が、あることで助産師さんに電話相談
することがありました。

年配の助産師さんが電話に出られて、
こちらの質問を尋ねたりしていたところ、
これまでの嫁の子育てについて、


「よく頑張ったねえぇ」


「よくやってるねえ」


と、ねぎらいの言葉をかけられた。
自分が子育てを頑張っていることに
ついて、褒めてくれたそうです。

そんな、今の自分の子育てについて
しっかりと褒められたことがなかったので、
とてもうれしかった、ということでした。


24時間、付きっきりでの世話。
離乳食も毎回しっかり手作り。

私自身は外で働いてるわけだし、
子供の世話を今頑張ってもらうのは
母親として当たり前だろう、という
気持ちが私にもあったと思います。
そういえば、嫁に子育てについて
ねぎらいの言葉をかけたことは
あまりなかったかな・・・
むしろ、体がつらいときには、私が
整体を施してあげるのだから、
他の母親よりも恵まれているでしょ、
なんて、えらそうな思いもあったかも?



ご来院の方にも、施術をしていて、

「また、背中が張ってきてます。
年末年始ムリしたでしょう。
ちゃんと僕が言うとおりに体を
休めて、自己療法もやらないと。」

なんて、体だけをみて、つい
言ってみたものの。


「でも、私が今が頑張らないと、
生徒の将来がかかっているから
ねえ・・・」
と返事をされました。


そうですよね。。

頑張れるために、
うちに来ているんでしたね。

私がその期待に応えないで
どーする!?

でも、本当にあなたの代わりは
いないのだから、頑張りすぎには
やっぱり気をつけてくださいね。



なんだかまとまりはないですが、
そんな思いが出てくる日でした。



| あいたい夢 院長 | コラム | comments(0) | trackbacks(0) |

癒の舞

先日紹介しました、和こころ舞のなかの

「癒の舞」

の映像がありました。


こちらです ↓






美しいです。



当院にご来院の方で、90歳を越えているのに
とても足取りがしっかり、背筋も伸びて非常に
若く見える方が何人かいらっしゃいました。

聞けばみなさん共通していたのが、
「正座」が日常のなかに取り入れられていたこと。

西洋人のシャキッとした姿勢とはまた違う、
日本人の良い姿勢、というものが
あるように思います。



私も伝えたい!

「日本の伝統と日本の女性は美しい、
ということを。」

さらには、

「良い姿勢は、人生をとても
豊かに彩ることになることを。」
| あいたい夢 院長 | コラム | comments(0) | trackbacks(0) |

間取りも

「整体を受けて体の歪みが揃ったのに、
どうしてまた歪むんでしょう?
足も組んでないし、悪い癖も止めているのに・・・」

と疑問に思われる方もいらっしゃいます。

しかし、だれでも利き腕があったり、長年の
左右の筋肉量の差などがあったりで、
まったく歪まない生活はなかなか難しいでしょう。

そこまで気を使わなくても、片足を曲げて寝るなど
といった、当院に来て気付いた悪い癖に気をつけて、
自己療法を継続し、定期的に歪みのチェック、
メンテナンスを受けていれば大丈夫です。


ただ、普段意識しない歪みの原因の一つに、
「家の間取り」があります。


私自身もいろいろチェックしてみました。


1.パソコン使うときの椅子が、左側が壁なので
いつも右側によく体をひねる。
2.お風呂で洗面器で湯をすくうとき、いつも右手。
体を洗う向きとか、当然ですがいつも同じ向きなので。

思ったより、少ないかな?
もっと探せばいろいろあるかもしれません。

もちろん間取りに関係なく、体の癖はいろいろ
あります。

どちらかの体の側を下にして、横向き寝するのが好き。
赤ちゃんを抱えるのが左手が多い。
掃除機はいつも右手に頼る。などなど。


何事も、始まりは小さなことの積み重ねなのですね。

| あいたい夢 院長 | コラム | comments(0) | trackbacks(0) |

大きな歪み

 「なんでこんなに歪んでしまっているんだ?」

と思える方、たくさん理由はあるのですが・・・

特に酷く歪みが見られた例、2パターン。

 


1.痛み止めをずっと継続して飲んでいる。


「痛み」という体の悲鳴、サインを薬で押さえ込むこと

を継続されて、本来ならば痛みがもっと強くなるから

避けるであろう極端な猫背や足を組むことが長年の

習慣になっている。


 

2.コルセットを長い期間はめている。

 
コルセットをつけている部分とつけていない部分の

境目が、グニャッと曲がっています。

 


この2つ、昨日の1.にも共通して言えるのは、

強い刺激、薬、不自然な道具という、外部からの

影響を受けている、という点です。

 
もちろん
歪みの原因は、その他にもいろいろありますが。

 

 

正しい姿勢、ケア方法を知ると、

自分に自信が持ててハッピーになります 

 

 

| あいたい夢 院長 | コラム | comments(0) | trackbacks(0) |

ガッチガチパターン

 これまでに、一番筋肉が硬い!

「なんでこんなにガッチガチなんだ?」 と

最もびっくりした2パターン。

 


1.強い力でマッサージを受け続けている方

揉まれ続けているので、それに負けじと筋肉が 
  
固まってしまってガッチガチ。

 

強い刺激を受けるのではなく、自然な姿を思い出す

ような施術を受けることで、良い状態に回復、維持

されます。
 

2.長年に渡って、湯船につかる習慣がない方
  
ずーっとシャワーばかりだったそうです。
  
一日の疲労がその日のうちにとれないことが
  
積み重なってガッチガチ。

 

長く湯船に入るくせをつけただけで、

上がらなくなった腕が上がるようになった

絵描きさんもいました。

| あいたい夢 院長 | コラム | comments(0) | trackbacks(0) |
RECENT COMMENTS
LINKS
MOBILE
qrcode
OTHERS
SPONSORED LINKS